借入限度額を預金残高と勘違いして返済不能に

借入限度額を預金残高と勘違いして返済不能に

私は約4年くらい前に借金の返済が出来なくて、弁護士に債務整理を依頼した際に気付かされたことがありました。

消費者金融からお金を借りることになった原因は、当時派遣社員で収入が安定していなかったため、審査が通りやすいアコムからお金を借りることになったのがきっかけです。

アコムでは、派遣社員でもローンカードをゲットできました。

しかし私は、コンビニATMでアコムのカードを使ってバンバン借り入れをしたために、返済が出来なくなってしまいました。


私は弁護士の法律相談会に駆け込んで相談した際、弁護士から

「口座からお金を引き出す感覚で借り入れしているじゃないか」

と単刀直入で言われました。まさしく私がその一人です。


限度額がまだあるからとか、また後で返済すればいいと思ってコンビニで借り入れをしてしまったのです。

つまり、消費者金融のカードはコンビニでも手軽に使えるようになった分、自分の口座からお金を引き出す感覚になることがわかりました。


この私のような「限度額=預金残高」と錯覚している状態になってしまうと返済はかなり難しいです。

地元の弁護士さんに相談されることをおすすめします。

債務整理の体験談記事一覧

借入限度額を預金残高と勘違いして返済不能に
借金の返済が出来なくて、弁護士に債務整理を依頼した際に気付かされたことがありました。