債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理とは、借金を抱えている人が、どうしても返済ができなくなり、債務を減額することや、金利負担分を少なくすること、そして、借金を帳消しにしてしまうことです。借りたお金は必ず返済しなければなりません。

債務整理をしても、返済計画を見直して、数年で返済できるような返済計画を立てることになる場合が多いです。しかし、多額の借金を抱えている人は、金利の負担分だけでもかなりの金額になりますので、少しでも、金利が少なくなるのであれば、債務整理をすべきだと思います。

債務整理と聞きますと、いわゆる破産してしまうような状態になり、全ての財産を失ってしまうことを考えがちですが、決してそうではありません。

月々の返済に困っているような人は、督促などが頻繁に届くと思いますし、取り立てをされることもあります。精神的なプレッシャーは、計り知れないので、債務整理をすることで、精神的な負担を和らげることが必要だと思います。

債務整理の方法にもよりますが、信用情報機関という組織に、金融事故を起こしたという履歴が残ってしまいますので、債務整理のあとは、借金ができなくなるケースが多いです。

お金を借りる場合には、どの金融機関やカードローン会社などは、信用情報機関に、金融事故の有無を調べることになります。当然、金融事故の履歴がありますと、お金を貸すことはできないのです。住宅ローンや教育ローンなどのまとまったお金が必要な際に、借金をすることができませんので、注意しなければなりません。

債務整理のメリット

債務整理をすることは、とても後ろめたい気分になると思います。人によっては、犯罪者になってしまったかのように思ってしまう人もいるはずです。確かに、債務整理をしなければならないほどの借金を抱えてしまった人は、どのような理由であれ、借金の返済をしなければならないので、借金の返済ができなくなるということは、お金の管理ができなかった人ということになります。

ギャンブルなどでお金を散財してしまったような人は、お金にルーズな人が多いので、反省をしなければなりません。しかし、ご自身の収入だけでは、生活もままならないという人は、仕方なく借金をしてしまったようなケースもありますので、借金の返済に窮してしまいましたら、債務整理をして、毎月の返済地獄から抜け出せるようにするべきだと思います。

債務整理をすれば、借金を帳消しにしてもらえることもありますし、金利などの負担を軽減、またはなくしてもらうことにより、以降の借金の返済が楽になるのです。借金の返済遅延を頻繁に起こしてきたような人は、督促状が届いたり、電話で督促があるような状況になってしまいます。

すぐにではないですが、取り立てを受けることにもなってしまいます。精神的なプレッシャーを抱えることになり、日常生活や仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。度重なる返済遅延を起こして、借金の返済の目途がたたない場合には、債務整理をして、精神的な苦痛を和らげることもよろしいのです。


債務整理のデメリット

債務整理をすることは、借金地獄から解放されるというメリットはありますが、当然、ペナルティが課せられます。債務整理をしたという実績が、信用情報機関に金融事故を起こした人、つまりブラックとして登録されてしまいます。

ブラックの対象者になりますと、しばらくの間は借金ができなくなります。お金を散財して借金の返済ができなくなったような人は、借金をすることができない状態になるということは、良いことなのかもしれません。

カードローンやキャッシングの利用ができないだけならば、特に問題はないと思うのですが、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンの借入れもできなくなってしまいますので、しばらくの間は、マイホームを持つこともできなくなりますし、お子さんの教育費の捻出をすることが、とても難しい状態になってしまうのです。

ご家族に内緒で、カードローンなどを利用してきた人は、奥様に借金をしていたことがバレてしまいますので、家庭不和のような状態になってしまいます。債務整理をする方法には、いくつかの方法があります。最悪の場合には、ご自身の財産を投げ出さなければなりませんので、その後の生活は、とても厳しい状態になってしまうのです。

目的別ローンなどの借入れは仕方ないことですが、カードローンやキャッシングを必要以上に利用することは避けなくてはなりません。ただし、債務整理をすれば、借金の返済の負担を減らすことができますし、取り立てなどにおびえる必要がなくなりますので、返済の目途が立たない場合には、早めに債務整理をすべきです。

債務整理の相談窓口

借金の返済に窮してしまった場合には、どこに相談をすれば良いかわからない人も多いと思います。借入れている金融機関やカードローン会社などに相談することもよろしいのですが、返済ができないと言っても、間違いなく返済をするように促されるはずです。

お金を貸したのですから、当然、金利とともに返済をしなければ、貸金業者などは、事業を運営することができないのですから、当然のことです。

では、誰に相談をしたらよろしいのでしょうか?

債務整理に関する手続きなどについては、弁護士や司法書士が専門家になります。しかし、弁護士や司法書士とのパイプがある人などは、ほとんどいないと思いますし、万が一、知り合いに弁護士や司法書士がいたとしても、ご自身の借金の状態を知られたくないはずです。まずは、債務整理専門の弁護士や司法書士を、インターネットで検索してみるとよろしいと思います。

弁護士や司法書士の能力が問われます。いくら、大々的にインターネットで紹介をしているような弁護士事務所などでも、必ずしも信頼してよいのか否かは理解することができません。

しかし今は無料相談をメールや電話で受け付けている法律事務所も多いですから、まずは気軽に相談してみましょう。実際に話しをしてみて、納得できる説明と、信頼できる人柄が伝わってきたら、債務整理をしたいとお願いをすればよいのです。

中には全国の弁護士事務所・司法書士事務所からあなたのお住まいの地域で対応できる専門家を一括で相談できるサービスもあります。