債務整理が安い弁護士・法律事務所【家族に内緒で借金解決!】

借金の返済ができない時は債務整理専門の弁護士に相談を!

借金の返済ができなくなったら、法的に借金を整理することができます。 その方法とは債務整理です。

文字通り、債務(借金)を整理する方法で、「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」の4つの手段から成り立っています。

個人の借金の総額、収入状況、財産、希望などによって適した整理方法が変わりますので、一概にどれがいいとは言えません。

あくまでも返済を目的とするのなら、任意整理、特定調停、民事再生のいずれかになりますが、どうやっても返済できそうもない場合は自己破産で借金を全て免除してもらいます。 それぞれにメリット・デメリットがあるので、事前に知識を持って選ぶといいでしょう。

では、債務整理を行う場合、まずは弁護士や司法書士といった法律の専門家を探す必要があります。 一口に法律の専門家といっても得意分野が異なるので、借金問題や債務整理に強い実績を持った法律家を選びましょう。

特に弁護士は借金問題以外にも離婚問題や刑事・民事訴訟など専門が多岐に渡りますから、相談する場合は借金問題や債務整理専門の弁護士を選ぶことが大切です。

そのためには、口コミをチェックした上で、各事務所のHPを確認し、気になることはメールもしくは電話で質問してみてください。 ここである程度、相談する法律家を絞ったほうがいいでしょう。 その上で実際に相談に出向きますが、基本的には有料相談です。

無料相談を行っている事務所もありますが相談できる範囲には限りがあるので、詳しく相談したいのなら有料相談のほうがいいかもしれません。 法律家の質も多様ですので、信頼できる事務所を選ぶということを心がけるようにしてください。

借金整理によって生活に希望が生まれる

人はいろいろな事情により消費者金融などの金融機関から借金をする場合もありますが、借金をした場合は必ず後で返済する必要があります。

しかしいろいろな事情で収入が少なくなってしまった場合は借金の返済に充てるお金を用意することができないのでなかなか借金を返済することができなくなってしまい、これによってどんどん借金の額が大きくなってしまいます。

借金の額が大きくなると返済をすることができなくなってしまい、借金で悩み続けながら生活をしなければならなくなってしまい、楽しい生活を送ることができなくなってしまいます。

そのため借金を返済することができなくなってしまったら借金を整理するために弁護士など法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらうのがいいと言えます。

そして借金を整理することによって希望を持って生活をすることができるようになります。 なぜなら借金を整理することによって今後どのような形で借金を返済していけばどうかが明確になるからです。

また場合によっては借金を払いすぎていている場合もあり、この場合は借入先の金融機関に過払い金の返還請求をして過払い金を取り戻すことができ、これによって逆にお金が自分のところに入ってきるというケースも少なくありません。

そして借金を整理するために法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらうためにはより実績のある法律の専門家に依頼したほうがいいです。法律の専門家は債務整理の実績のある人が多いので法律の専門家に依頼するのがいいです。

住宅ローンにカードローン、払いきれない返済不能な借金を抱えたら

多くの人は、大きな買い物の際には借金をするはずです。マイホームを購入するような場合に、ご自身の蓄えだけでは、一括で購入することは、余程のことがない限りできないと思うのです。

住宅ローンも間違いなく借金のひとつですので、借金を経験しない人は、ごく一部の人に限られるのです。住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどを利用する場合には、用途が定まっており、長期間に渡り返済をすることになりますので、金利がとても安いのですが、問題は、消費者金融業者などから、カードローンやキャッシングのサービスを受けた場合です。

カードローンという言葉は、最近、テレビのCMなどでも、大々的に宣伝されていますので、耳にした人も多いと思いますが、これは、高金利でお金を融資するという商品です。利用使途が問われず、安定した収入があり、定職に就いていること、そして、過去に金融事故などを起こしていなければ、借入れることができてしまうのです。契約する際には、利用限度額が定められますが、利用限度額までは、いつでも何度でも利用できてしまうところが恐ろしい部分です。

住宅ローンなどのように金利が安ければ問題はないのですが、とても高い金利を課せられるのです。以前よりもかなり金利は安くなりましたが、それでも、利息制限法という法律の最大金利である、年利18%もの金利負担をしなければならないのです。

軽い気持ちで、カードローンの申込みをしますと、分割払いならば、毎月の負担も少なく、すぐに返済できると思いがちですが、ついつい利用しすぎて、気づいた時には、膨大な借金を抱えているような状態になってしまいます。もし、借金の返済遅延をしばらくしているような場合には、債務整理を考える必要があります。

借金は、必ず返済をしなければなりませんが、債務整理をすることにより、金利負担分を少なくすることもできるのです。債務整理と言いますと、犯罪者のような印象を持つ人もいると思いますが、人生をやり直すための方法だと理解すればよろしいと思います。少しでも借金に悩んでいる人は、弁護士などに、早めに債務整理の相談をするべきだと思います。